「補助金」タグの記事一覧

会社の商号を変更したときの労働保険、社会保険の手続き

会社の商号を変更したときの労働保険、社会保険の手続き


会社の商号を変更したときは、労働保険や社会保険での手続きが必要となります。また、建設業の許可を受けているのであれば、都道府県への手続きもあります。

用意するものは、各種届出書のほか、登記事項証明書です。法務局で商号変更の載っている登記事項証明書を交付してもらいましょう。

なお、個人事業の場合は、登記事項証明書はありません。
代わりに、賃貸借契約書のコピーや、公共料金のハガキのコピーなど、商号(屋号)を証明する書類を用意する必要があります。



1.労働保険


「労働保険名称、所在地等変更届」を用意します。これは特殊な用紙のため、ダウンロードできません。

お近くの労働基準監督署へ行けばもらえます。



2.雇用保険


「雇用保険事業主事業所各種変更届」を用意します。この用紙はハローワークのホームページよりダウンロードできます。

この手続きには、労働基準監督署で受け取る「労働保険名称、所在地等変更届」の事業主控えが必要となります。先に労働基準監督署の手続きを済ませましょう。


下記を用意して、管轄のハローワークに持参するか、郵送します。

  • 「雇用保険事業主事業所各種変更届」
  • 「労働保険名称、所在地等変更届」の事業主控えのコピー
  • 登記事項証明書のコピー



3.社会保険


「健康保険・厚生年金保険適用事業所所在地・名称変更(訂正)届(管轄内)」を用意します。この用紙は日本年金機構のホームページよりダウンロードできます。

登記事項証明書のコピーを添付し、管轄の年金事務所に持参するか、事務センターに郵送しましょう。

なお、商号を変更すると、健康保険証も新しくなります。手続きが完了すると、全国健康保険協会(協会けんぽ)から、加入している従業員さん全員分の新しい健康保険証が届きます。
今までの健康保険証は回収し、全国健康保険協会の都道府県支部へ郵送します。

この手続きは、社会保険に未加入であれば必要ありません。ただ、社会保険は、株式会社や合同会社などの「法人」であれば、必ず加入しなくてはいけない制度です。個人事業であれば、人数や業種によって、社会保険に加入する必要のないケースもあります。

この機会にぜひ一度、社会保険加入の要否を見直してみてください。



4.建設業許可などの各種営業許可、助成金の変更手続き

建設業許可や宅建業免許、風俗営業許可、産業廃棄物収集運搬業許可などを取得後、キャリアアップ助成金計画申請後に商号を変更した場合は、変更手続きが必要な場合があります。

期限なども設けられているので、営業許可の変更にも注意してください。









電子定款、合同会社設立の代行をしております。
お気軽にご相談ください。

手続きの流れ    お客様の声


合同会社設立、電子定款に関するメール無料相談    お申し込みはこちらから




マスコミへの出演実績

マスコミへの出演実績




下記のような場合は合同会社設立がオススメです!

  • 個人事業主のような無限責任は避けたい!
  • 株式会社設立ほど費用をかけたくない!
  • 利益配分は自由に決めたい!
  • 株式会社のような複雑な手続きは避けたい!
  • 信用力が欲しい、節税がしたい、資金調達を有利に進めたい!!



電子定款で4万円費用・料金が安くなる!

当事務所では電子定款に対応しております。電子定款作成のみのご依頼も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

合同会社設立の際に、電子定款を利用することにより印紙代4万円が節約になります。




使える助成金を上手く活用したいお客様へ

使える助成金を上手く活用したいお客様へ




合同会社設立、電子定款の費用・料金について

合同会社設立、電子定款作成の費用

合同会社設立費用・行政書士報酬について




行政書士、社会保険労務士からの推薦

社会保険労務士、行政書士、税理士からの推薦の声




合同会社設立、電子定款のお申し込み

電子定款、会社設立のお申込

合同会社設立、電子定款作成、設立書類作成 を承っております。
お気軽にお申し込みください。



電子定款、合同会社設立のご相談

電子定款、会社設立のご相談

合同会社設立、電子定款作成のご相談を承っております。
お気軽にお申し込みください。




行政書士、社会保険労務士業務の対応地域

行政書士、社会保険労務士事務所の連絡先

合同会社設立、電子定款作成は札幌、北海道、東京、大阪など全国対応となっております。助成金申請の無料診断や手続き代行は札幌市内、近郊のお客様へのサービスとなっております。

このページの先頭へ