新会社法で新設された合同会社(LLC)

2006年5月施行の会社法により、合同会社 (LLC) が設立できるようになりました。
株式会社、合資会社、合名会社のどれにも当てはまらない新しい法人形態です。

合同会社、LLCはアメリカで生まれ、新しい組織形態として今日までに90万社以上のLLCが設立されています。

「1人でビジネスをはじめるのに最適」「小規模で会社をスタートしたいときに適している」といわれています。



合同会社とは?

LLCは、「Limited Liability Company」の略です。日本では、「日本版LLC」と呼ばれていますが、正式には「合同会社」といいます。株式会社と同じく法人です。

合同会社は、「法人格がある」「有限責任」「ヒト中心の会社」「内部自治の柔軟性が高い」などの特徴があります。



出資者と社員

合同会社の場合は、「出資した人=経営者」となり「社員」とよばれます。株式会社の場合は株主から経営を任された人が役員となり、出資と経営が分かれています。

合同会社では、原則「出資者」と「経営者」が一致します。これも株式会社と違う点といえます。「合名会社」や「合資会社」も出資者と経営者が一致していましたが、「無限責任」でした。

合同会社は、出資と経営が一致していて「有限責任」となっています。



有限責任と無限責任

有限責任
合同会社や株式会社であれば原則出資した分までしか責任を負いません。これを有限責任といいます。個人事業よりリスクが少ないといえます。

無限責任
個人事業の場合が無限責任あたりますが、原則として借金を負うとすべてを背負うことになります。リスクが非常に高くなります。





電子定款、合同会社設立の代行をしております。
お気軽にご相談ください。

手続きの流れ    お客様の声


合同会社設立、電子定款に関するメール無料相談    お申し込みはこちらから




マスコミへの出演実績

マスコミへの出演実績




下記のような場合は合同会社設立がオススメです!

  • 個人事業主のような無限責任は避けたい!
  • 株式会社設立ほど費用をかけたくない!
  • 利益配分は自由に決めたい!
  • 株式会社のような複雑な手続きは避けたい!
  • 信用力が欲しい、節税がしたい、資金調達を有利に進めたい!!



電子定款で4万円費用・料金が安くなる!

当事務所では電子定款に対応しております。電子定款作成のみのご依頼も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

合同会社設立の際に、電子定款を利用することにより印紙代4万円が節約になります。




使える助成金を上手く活用したいお客様へ

使える助成金を上手く活用したいお客様へ




合同会社設立、電子定款の費用・料金について

合同会社設立、電子定款作成の費用

合同会社設立費用・行政書士報酬について




行政書士、社会保険労務士からの推薦

社会保険労務士、行政書士、税理士からの推薦の声




合同会社設立、電子定款のお申し込み

合同会社設立、電子定款作成、設立書類作成 を承っております。
お気軽にお申し込みください。



電子定款、合同会社設立のご相談

電子定款、会社設立のご相談

合同会社設立、電子定款作成のご相談を承っております。
お気軽にお申し込みください。




行政書士、社会保険労務士業務の対応地域

行政書士、社会保険労務士事務所の連絡先

合同会社設立、電子定款作成は札幌、北海道、東京、大阪など全国対応となっております。助成金申請の無料診断や手続き代行は札幌市内、近郊のお客様へのサービスとなっております。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ