合同会社設立のための準備と手順

合同会社設立するためには、次の基本的事項の決定や準備が必要となります。

なお、下記事項だけでなく営業方法やWEBでの営業、名刺作成や印鑑作成なども十分考慮に入れてください。

  • 発起人の決定
  • 会社名(商号)
  • 事業目的
  • 営業許可申請の確認
  • 本店所在地
  • 事業年度
  • 機関設計
  • 資本金の決定
  • 印鑑の発注

印鑑は納品までに時間を要する場合もありますので、早めに注文することが望ましいです。

なお、会社設立後すぐに人を雇用される場合は、労働保険(労災保険+雇用保険)、社会保険の準備や助成金に該当する場合は、助成金の準備も同時に進めていくと効率が良いといえます。




代表者印(会社実印)

会社代表者が本店所在地を管轄する法務局する法務局へ届け出た印鑑です。合同会社設立登記申請の際など、重要な場面で使用します。

「福田合同会社代表者印」と刻まれるのが一般的です。

外側には会社名を入れ、内側に代表者名を入れてしまっても大丈夫ですが、代表者が交代する場合、改印が必要なので注意が必要です。



銀行印(銀行届出印)

合同会社や企業等が銀行口座を開設するときに、銀行に届け出た印鑑です。預金を引き出したり、手形や小切手を振り出すときに使います。会社の金銭を直接動かす印鑑ですから、第三者に預金を引き出されたりされない様に、十分な管理と注意をしてください。

代表者印並、それ以上に大事な印鑑です。代表者印を銀行印とすることも可能ですが、万が一のことを考え、別々にしておくことをお勧め致します。



社印(角印)

社印は四角い形が多く角印とも呼ばれますが、必ず作らなければならないものではありません。

直径約20mm~30mmで「○○合同会社之印」などと刻まれています。社印(角印)は会社の認印のようなもので、「請求書」「領収書」等の書類に対して使われる場合が多いです。






電子定款、合同会社設立の代行をしております。
お気軽にご相談ください。

手続きの流れ    お客様の声


合同会社設立、電子定款に関するメール無料相談    お申し込みはこちらから




マスコミへの出演実績

マスコミへの出演実績




下記のような場合は合同会社設立がオススメです!

  • 個人事業主のような無限責任は避けたい!
  • 株式会社設立ほど費用をかけたくない!
  • 利益配分は自由に決めたい!
  • 株式会社のような複雑な手続きは避けたい!
  • 信用力が欲しい、節税がしたい、資金調達を有利に進めたい!!



電子定款で4万円費用・料金が安くなる!

当事務所では電子定款に対応しております。電子定款作成のみのご依頼も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

合同会社設立の際に、電子定款を利用することにより印紙代4万円が節約になります。




使える助成金を上手く活用したいお客様へ

使える助成金を上手く活用したいお客様へ




合同会社設立、電子定款の費用・料金について

合同会社設立、電子定款作成の費用

合同会社設立費用・行政書士報酬について




行政書士、社会保険労務士からの推薦

社会保険労務士、行政書士、税理士からの推薦の声




合同会社設立、電子定款のお申し込み

合同会社設立、電子定款作成、設立書類作成 を承っております。
お気軽にお申し込みください。



電子定款、合同会社設立のご相談

電子定款、会社設立のご相談

合同会社設立、電子定款作成のご相談を承っております。
お気軽にお申し込みください。




行政書士、社会保険労務士業務の対応地域

行政書士、社会保険労務士事務所の連絡先

合同会社設立、電子定款作成は札幌、北海道、東京、大阪など全国対応となっております。助成金申請の無料診断や手続き代行は札幌市内、近郊のお客様へのサービスとなっております。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ